話し方動画教室トップ > メールマガジンバックナンバー >原発事故に見る、言葉の影響

メールマガジンバックナンバー129

原発事故に見る、言葉の影響

旬な話題に行きましょう。
未だに収束の目処が立たない福島第一原発の事故。

 

今になって「メウトダウンはしていた」「燃料棒は最初の段階で融けていた」

などと、当時の状況が語られています。

 

国民は、「何をいまさら!」「嘘をついていたのか!」

「もう何を言っても信じられない!」と怒りをぶつけます。

 

でも、これって、東電や政府の計算道りなのでは無いでしょうか?
恐らく、一番恐れたのはパニックです。

 

もし、水蒸気爆発の映像が流れ、放射能による危機感がピークの時に、
「原子炉は危険です。メルトダウンが起こりチェルノブイリより事態は悪くなっています」
と正直に発表したらどうなっていたでしょう?

 

仮に、今すぐ東京に放射能の危険が及ばなかったとしても、

恐らく首都圏は大パニックに陥ったでしょう。

 

ただでさえ交通機関は麻痺し、買占めで食料が無くなり水が無くなっている中、
首都圏の何千万の人が一斉に逃げ出したり買占めに走ったり、

仕事を放棄したりするとどうなるのか?

 

想像をするだけで恐ろしくなります。
被災地の支援にも手が回らなくなって事態は最悪・・・。

 

でも、人の恐怖感は長続きしません。
だんだんと麻痺して慣れてきます。

 

事故から2ヶ月以上経って、やっと真実が語られます。
(本当の真実かはわかりませんが)

 

でも、どうでしょう?今更もうパニックになることはありません。
熱が冷めた後に語られることって、それほど反応をしないのです。

 

喧嘩をした時もそうです。
熱くなっている時に、火に油を注ぐことを言うと怒りが絶頂になります。

 

でも、熱が冷めてから相手を諭すと、受け入れてくれやすくなります。
だから、物事を言う時にはタイミングというのが大事なのです。

 

そういう意味では、真実を語るタイミングとしては、東電、

政府の思惑どうりだったのではないかと思います。


しかし、その代償として、国民の信頼は失います。

もう、このタイミングだからこそ、全部真実を語る必要があるのでは無いでしょうか?


真実を全部語ることこそが信頼回復に繋がります。

 

もし、もう少し時期がたってから、嘘がばれる、

真実を隠しているのがばれると今度はもっと信頼を無くします。


取り返しがつかないぐらい信頼を失い、その信頼は回復することさえ無理になるでしょう。
これも、タイミングが悪いからなのです。

 

真実を語るのも、嘘をつくのもタイミングが大事。

これは、我々も肝に銘じる必要がありそうですね。

 

メルマガバックナンバー一覧へ

話し方動画教室 入会案内

短期レッスン一括コース新設!

持ち歩き派にはDVDデータ

セミナー動画「驚異のテレアポ成功術&人を惹き付ける話し方セミナー」

メールマガジン

あなたのブランド力を劇的に
アップさせる声と話し方!

バックナンバーはこちら

※メルマガ配信スタンドまぐまぐ!より発行しております。

個人情報保護方針について

著書紹介

これが「ダンドリ販売術」!

お客様を迷わせず「売りたい商品」がラクラク売れる
これが「ダンドリ販売術」!

売れっ子販売員はみんな「段取り」をしていた! お客様との会話は弾み、ご購入まであと一歩……が、できない! クロージングが苦手な販売員に贈る一冊。

詳細はこちら

web-school.tv 代表羽田徹の情報交流ブログ

ビジネスマンのための
スピーチ上手になれる本

amazonランキング 話し方・プレゼン 第1位、話し方・スピーチ一般 第1位、2011年6月 重版決定!

僕のラジオDJとしての10年間の経験と、営業マン、ビジネスマン、経営者としての経験を全てこの本にぶつけました。人前で話すのが苦手な、全てのビジネスマンに贈る本です。

詳細はこちら

ブログ

web-school.tv 代表羽田徹の情報交流ブログ

喋り一つで損も得もする世の中です!声と話し方を鍛えるだけで、仕事やプライベートが充実する!あなたの喋りを磨いて、自分のブランド力を劇的にアップさせましょう。 web-school.tv ナレーター・DJ・MC・話し方教室 公式ブログ。